過バライ金請求してもブラックリストにはなりません!




払いすぎた分の利息を取り戻すことが出来る過バライ金の返還請求、これだけを聞くと自分が得をするのだから過バライ金の返還請求はするに越したことはありません。ただ、こうした過バライ金請求をすればカード会社などのブラックリストに名前が載ってしまうのではないかと不安に思う人も中にはいます。過バライ金請求をしてブラックリストにのれば、新たな借り入れが出来なくなったり、あるいは住宅ローンやその他の返済にも支障が出てしまうのではと危惧しているわけです。
ただ、こうした過バライ金の返還請求をすることでブラックリストに名前が載ってしまうという情報は間違ったものが大半です。というのも、過バライ金の返還請求をしたからといって絶対にブラックリストに名前がのるということはありません。そもそも過バライ金の返還請求は債務を抱えた人にとって当然の権利です。過バライ金請求は過去に払いすぎた分の利息を返してもらう行為なのですから、そこでブラックリストに名前が載り自身の信用に傷がつくなんてことはあり得ないわけです。ブラックリストに載らない方法をお教えします!

過バライ金請求はブラックリストに影響ない!

完済しての手続き 返済中での手続き
引き直し計算後過払い
(借金0になる)
引き直し計算後残あり
(借金が残る)
影響あり
影響なし
※カード解約の有無に
かかわらず

過バライ金請求とブラックリストに関する情報を整理するとまず、借金をすでに完済している人が過バライ金の返還請求をしたとしても問題になることはありません。ブラックリストに名前が載ることもなければ、他に信用問題に発展することもありません。もちろん、カード会社に過バライ金の返還請求をした段階でそのカードは解約扱いとなってしまうため、新たな借り入れをすぐに行うことはできなくなります。ただ、この場合でも過バライ金の返還請求が終わった段階で再びカードの再発行をすればなんの問題もありません。
カードの再発行をするのかどうか、過バライ金請求をした人がその会社で再び借り入れをすることができるのか、この判断はそれぞれのカード会社によって対応が異なってくることになります。ただ、ブラックリストに名前が載っているわけでもなければ、過去に借金を延滞したこともない、こうした人であればまず問題なくカードの再発行を進めることが出来るでしょう。

借金の返済中でもブラックリストに載らない

そして、借金の返済中に過バライ金請求をした人に関してもブラックリストに必ず名前がのるというわけではありません。借金の残りの金額を過バライ金で相殺してしまえば、その時点で借金は完済したという扱いになるため、ブラックリストに名前がのることはありません。業者の中には借金の返済中に過バライ金の返還請求をするとその時点で、債務整理をしていると登録されてしまうところもありますが、これも過バライ金によって借金が相殺されればブラックリストの情報は削除されていきます。ブラックリストに名前が載るのではないかとびくびくしている人も、過バライ金請求に際してこうした手順を踏めばその心配はないというわけです。

過バライ金請求をした人全てがブラックリストに載らないわけではない

過バライ金ブラックリスト
ただ、ここで注意しておきたいのが、過バライ金請求をした人すべてがブラックリストに名前がのる可能性がないというわけではないという点です。先にも挙げたように、すでに借金を完済している人、今現在借金を返済中でもその残りを過バライ金で相殺できる人であれば、ブラックリストに名前がのることはありません。ですが、今現在借金を返済中で、しかも過バライ金の返還を受けても借金が残ってしまう人はブラックリストに名前が載る可能性があります。

過バライ金返還を受けても借金が残ってしまう人

このケースであれば過バライ金請求をした段階で、借金をその時点で見直して債務整理をしているという扱いになってしまいます。つまり信用度は途端に低くなり、ブラックリストにも名前がのってしまいます。ブラックリストにのるということは、明確に言えば個人の信用情報に債務整理などのマイナスな情報が明記されるということです。世の中にブラックリストというリストが存在しているわけではなく、あくまでマイナスな情報が世に出回ってしまうというわけです。まずはブラックリストについて正しい認識を持っていきましょう。

ブラックリストに載るデメリット

ブラックリストに名前が載ると何がそんなにいけないのでしょうか。それは、先にも挙げたようにブラックリストに名前が載ることで他のカードローンの審査や借入に支障が出ることがあるという点です。本来、借入などの契約は個人の信用によって成り立っています。つまり、企業側はその個人がどれだけ信用でできるのか、収入は安定しているのか、職業は何なのか、他に借金はないのかをチェックしていくことになります。この段階で、ブラックリストに名前が載っている、つまりは債務整理などのマイナスな情報が明記されていればどうなるでしょうか。もちろん、すべてがそうというわけではないものの過バライ金請求やブラックリストに名前が載ることによって次の借り入れが困難になるケースもあるというわけです。

過バライ金請求は信用情報とは別

本来、過バライ金請求の情報はこうした信用情報として扱われることはありません。それこそ、ブラックリストに過去に過バライ金請求をしましたと明記されることもないため、先に挙げたような過バライ金で借金の残りを相殺できない人でなければさほど大きな問題にはなりません。今後の借入に関してもブラックリストに載っていないのですから、支障はないといっても過言ではありません。
もちろん、過去に過バライ金請求をして、その後カードローンなどの審査に落ちてしまうこともあります。ただ、これはブラックリストに名前が載っているからというわけでも、過バライ金請求をしたからというわけでもありません。そもそもこうした借り入れの審査は、個人の信用情報を総合的に判断していきます。審査に落ちたという人は過バライ金請求やブラックリストの事実ではなく、むしろ今現在の職業や借金の総額、収入の面で問題があるのだと考えられるわけです。

ブラックリストに載る可能性があるかチェックする

大阪福島区で過バライ金請求をしていきたいという場合、まずは自身がブラックリストのる可能性があるのかどうかをチェックしていくことから始めていきましょう。そのチェックの方法として引き直し計算が必要になってきます。引き直し計算とは、過去の取引の内容が書かれている取引履歴を参考に正確な過バライ金をはじき出していく計算のことです。計算方法については素人では難しい面も出てきますが、司法書士や弁護士など、過バライ金請求の専門家に任せれば作業は楽になります。
簡単にこの引き直し計算ができるようにと計算式が用いられています。該当する数字を欄に記入していくだけで、正確な過バライ金を把握することが出来ます。それこそ、現段階で借金を返済中の人が残りの借金を相殺できるのかどうかをチェックしていくことが可能です。この確認をしておかないと、最悪の場合債務整理をしたと判断されてしまう恐れがありますし、それによって今後の生活にも支障をきたすことになります。

無料で引き直し計算をする

法律事務所の中には、こうした引き直し計算をする段階で料金が発生してしまうところもありますが、良心的な法律事務所であれば、相談や調査を無料で行っています。そこで過バライ金が発生していればそのまま手続きに移ることが出来ますし、逆に過バライ金が存在していなければ、時効になって手続きが出来なければその時点で調査は終了というわけです。法律事務所といえば、相談を持ち掛けるだけでお金がとられるというところも少なくありませんが、 法律事務所の場合は例外です。まずは、この引き直し計算をしてブラックリストへの影響を考慮すること、過バライ金請求について準備を進めていくことからはじめていきましょう。

本来、過バライ金を正確に把握するためには先に挙げたような引き直し計算が必要です。ただ、この引き直し計算をするためにはそもそもの契約内容をチェックする取引履歴を取り寄せなければいけません。取引履歴は各業者のコールセンターなどに請求すれば取り寄せることが出来ますが、この時も人によっては注意が必要になってきます。

先に挙げたような、借金をすでに完済している人であれば何の問題もなく取引履歴を取り寄せることが出来ます。取引履歴を取り寄せる理由を電話口で聞かれることもありますが、これはただ単純に契約内容を確認したいのだと伝えておきましょう。この手順を踏めばたとえ素人であっても過バライ金請求のための準備が出来ます。この時点でブラックリストに名前が載るなんてこともないので心配はいりません。

無料で引き直し計算をしたい方へ

意外と簡単にできる引き直し計算

取引履歴の確認

過バライ金の取引履歴の確認方法

過バライ金請求の取引履歴の請求時点で確認

ただ、過バライ金請求のための取引履歴の請求の時点で注意が必要な人もいます。それは先に挙げたような借金を今現在も返済しているという人です。業者の中には一度でも取引履歴を取り寄せた人は過バライ金の存在について認知していると判断されるところもあります。そうなれば何が問題なのかといえば、取引履歴を取り寄せた段階で過バライ金請求に進めば何ら問題はないのですが、そのままの放置してしまった場合です。後になってから過バライ金を請求しようと思っても、一度過去に取引履歴を取り寄せていればその時点から高すぎる利息について認知していた、つまりはその間の過バライ金は返還しなくてもいいと判断されてしまうわけです。

借金の返済中に過バライ金請求をしたいという人は、取引履歴を取り寄せる段階から注意が必要になってきます。この場合、素人が変に過バライ金請求に手を出すことで状況を混乱させてしまう恐れが出てきます。大阪福島区で過バライ金請求をしたいという場合、ここで挙げたような場合には、過バライ金請求の専門家にすべてをお任せしていきましょう。それこそ、取引履歴の取り寄せや引き直し計算、実際の交渉に至るまですべてを任せた方が、ブラックリストに名前が載るリスクを軽減できますし、安心です。

話をまとめると、大阪福島区で過バライ金の返還請求をしたからといって必ずしもブラックリストに名前が載るわけではありません。借金の返済中の過バライ金請求で、しかもその過バライ金の額が借金の残りの金額よりも少なかった場合にのみブラックリストに名前が載ります。この場合、債務整理として扱われることになるため、ブラックリストには5年間その情報が明記されることになります。言い換えれば、少なくとも5年間は自身の信用情報にマイナスな点が残ってしまうというわけです。

過バライ金請求の取引履歴の確認方法

過バライ金請求では
取引履歴を確認!

戻りが50万も変わるって本当!?

過バライ金の無料引き直し計算

過バライ金請求のメリット・デメリット

過バライ金請求によってブラックリストに名前が載ってしまう、となればデメリットのように思われる人もいるかもしれませんが実は一概にそうとは言い切れません。過バライ金請求をすることによって債務整理をして、借金の残高を減らすことが出来るのは確かです。それによって月々の返済は楽になりますし、着実に完済までの期間を短縮することもできます。過バライ金請求による債務整理がマイナスとなるのはあくまで5年間だけですし、寧ろ月々の返済がつらいという人はこの方法をとった方がメリットとなることもあります。

ただ、やはりブラックリストに名前がのることでネックになるのが新たな借り入れや住宅ローンに関してです。銀行や消費者金融などは特定の信用情報機関から個人の信用情報を得ています。ブラックリストに名前がのるということはつまり、この信用情報機関に自身のマイナスな情報が入るということで、この機関を通してデメリットが生じることもあります。この信用情報機関には、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構の3機関があります。全国銀行個人信用情報センターは主に銀行系が、株式会社シー・アイ・シーはクレジットカード会社や信販会社が主となっています。ここで取り上げているような過バライ金の返還請求、債務整理に関係しているのは最後の株式会社日本信用情報機構です。

過バライ金請求をして、いわゆるブラックリストに名前がのるような債務整理状態となれば、先に挙げた機関を通して他の業者にも信用情報が回っていきます。ブラックリストに載っているからといって必ずしも新たな借入ができないというわけではないものの、やはりマイナスな情報として扱われるのは必須です。少しでも、こうしたブラックリストによる悪影響を避けたいというのであれば、借金の返済中の過バライ金請求は避けるに越したことはありません。先にも挙げたように、決してマイナスな面ばかりではない債務整理ですが、ブラックリストに名前がのることによって支障がないわけではありません。それならば、最初からブラックリストに名前がのらないように過バライ金請求自体をしなければいいわけです。

もちろん、借金をすべて返済してから過バライ金請求をすれば、何の問題もなく話を進めることが出来ます。借金の返済中であればブラックリストに名前が載るリスクがあったという人でも、過バライ金請求のタイミングを少しずらすだけでマイナスな情報を残すことなく利益だけを得ることができるわけです。

ブラックリストに名前が残るかもしれないとなれば、過バライ金請求に対して不安感が強くなりますが、ここで挙げたのはあくまで一例であってすべての人が過バライ金請求で損をするわけではありません。ただ、素人が一人で過バライ金請求の正確な内情を把握するのは難しことです。実際の交渉に関しても、素人ではリスクが高すぎるため、まずは過バライ金請求の専門家に相談を持ち掛けていくことです。過バライ金請求に関してはもちろんですが、ブラックリストに名前が載る可能性があるのかどうか、例えブラックリストに名前が載るリスクが合っても債務整理をしてしまった方がいいのかどうか、客観的な意見を参考にすることも大切です。

過バライ金請求の費用は、実際に返還された過バライ金の中から支払っていくことになります。もしもブラックリストに名前が載ってしまう状態、つまりは借金の残りの額の方が過バライ金よりも多かった場合には、依頼人がプラスで費用を出すことになるため注意が必要です。借金の完済後であれば利益につながる過バライ金の返還請求ですが、ブラックリストに名前が載る状態での手続きとなればデメリットとなる点も多くなります。

まずは今返済中の借金をすべて返していくこと、この時クレジットカードのショッピング枠についても注意が必要です。ショッピング枠の返済もすべて終わらせた段階で過バライ金の返還請求をした方が、話はスムーズに進んでいきますし、ブラックリストへの不安も解消していくことが出来ます。ブラックリストに名前が載らない過バライ金請求のため、これらの点はしっかり押さえておくといいでしょう。

シェアする

フォローする

街角法律相談所