過バライ金返還請求から返還されるまでの期間は?




カードローンやキャッシングを利用した後には、利用した貸金業者に返済をしますが、その際に利息を支払い過ぎるケースがあります。その支払い過ぎた利息を「過バライ金」といいます。カードローンやキャッシングを利用ししている人全員に起こるのではなく、以前から長期間にわたり借金を返済している人に起こりやすいです。
返済する側としては、借金が完済できたことでホッと肩をなで下ろしたいところですが、特に長期にわたり返済を続けてきた場合、一度専門家に発生していないかを調べてもらうことが大切です。なぜなら、もし過バライ金が発生していた場合には、払い過ぎた分だけ自分のところに返ってくる可能性があるからです。
ただし、注意しなければならないのは、「過バライ金が発生していたとしても、必ず戻されるわけではない」ということです。それはなぜかと言うと、過バライ金には期限があるからです。
そこで、今回は過バライ金の期限に関するアレコレについて、大阪福島区の法律事務所が詳しく説明していきます。

①過バライ金の期限は?ケースによって返還までの期間が異なる?

なぜ、発生してしまうのかというと、お金を貸す消費者金融やクレジットカード会社は、利息制限法の上限を超えた利息「グレーソーン金利」を利用して消費者に貸し付けを行い、本来より意も多く利息を取り続けてきた背景があります。このグレーゾーン金利は、民法では違反とされていますが、たとえ違反が発覚しても刑事罰に処せられることが無い範囲の金利で、法律の穴を上手く潜り抜けて利用されてきたものです。
過バライ金があることが分かり返還請求をする場合、請求できるかは期限によって異なります。

1.過バライ金の期限

過バライ金があると分かっても必ず戻ってくるされるわけではなく、返還請求が可能な期限内であれば行え、期限が過ぎている場合には請求することができません。
返還請求ができる期限は、原則として取引が終了してから10年とされています。つまり、借金を完済してから10年以内に返還請求を行えば、払い過ぎた分の利息を取り戻すことが可能となります。

2.返還請求から返還されるまでの期間

過バライ金返還請求を行い、実際に自分の手元に払い過ぎた利息が返ってくるまでの期間は、様々な事情によって異なってきます。例えば、返還請求の方法、弁護士事務所・司法書士事務所の事情、貸金業者の内部事情などによって、期間が変わってきます。
・返還請求の方法:過バライ金返還請求の仕方には、弁護士や司法書士に依頼する方法の他に、個人的に請求する方法もあります。特に、個人的に返還請求を行う場合、不慣れであると期間が長引く場合があります。大阪福島区の法律事務所では、迅速な対応で期間も比較的短いです。
・弁護士や司法書士事務所の事情:期限内に過バライ金を返還するためには、専門家でもそれなりの知識とノウハウを持っていることが重要です。また、返還手続きを担当するスタッフが多ければ、それだけスピーディーな手続きを行うことができるため、期間も短縮することができます。さらに、過バライ金請求に特化して行っている実績を持った事務所であれば、なおさら期限内に返還が可能となります。大阪福島区の法律事務所は、返還に関する案件を多く取り扱っており、実績もある事務所です。こうした事務所を選ぶことも、返還までの期間を短縮させるポイントでもあります。
・貸金業者の内部事情
本来であれば、貸金業者は返還請求をされた場合、早期に返還するのが原則となっていますが、すぐに対応してくれるのは資金的余裕のある業者のみで、資金的余裕がない業者はすぐに返還に応じてもらえない場合があります。もし、利用していた貸金業者が資金的余裕のない業者であった場合、過バライ金返還までの期間が長引く可能性が高いです。

②過バライ金返還請求から返還までの一連の流れ

過バライ金返還請求を行ってから、実際に払い過ぎた利息が返還されるまでにかかる期間は貸金者によって多少の違いはありますが、双方の和解が成立してから2ヶ月~4ヶ月程度の期間となります。
一連の流れとしては、1.取引履歴の開示請求・2.過バライ金の引き直し計算・3.返還請求4.和解交渉(電話等)・5.過バライ金返還請求訴訟・6.和解交渉(訴訟中)・7.過バライ金の返還、といステップで進んでいきます。

1.取引履歴の開示請求

過バライ金の返還請求を行うためには、まず期限内に自分にどの程度の過バライ金があるのかを把握する必要があり、それを正しく計算するため引き直し計算を行います。引き直し計算で正しい過バライ金の金額を確定させるため、貸金業者に対して取引履歴の開示請求を行います。
貸金業者によっては、法律事務所からの開示請求には期限内の早期段階で対応する一方、個人的な開示請求に対しては期限内に対応してくれない場合もあるため、返還までの期間が長引く可能性もあります。

2.過バライ金の引き直し計算

取引履歴を手に入れたところで、過バライ金がどの程度発生しているかを引き直し計算します。
この時、依頼した法律事務所が人員不足であったり、その他にも多くの案件を抱えていた場合、過バライ金の金額確定までに時間がかかってしまう可能性があります。逆に、個人で計算する場合はスピーディーに行えますが、過バライ金返還手続きに慣れていないと計算ミスなどを起こす場合が考えられ、場合によっては期間が長引いてしまうこともあります。

3.過バライ金の返還請求

正確な過バライ金の金額が確定したら、貸金業者に対して過バライ金請求を行います。請求する方法は、電話やFAX、郵送など間接的方法でも可能です。

4.和解交渉(電話等)

過バライ金を請求する側とそれを受ける貸金業者側とでは、必ずと言ってよいほど過バライ金の金額に誤差が生まれます。そこを適正な金額にするため交渉を行います。この時、双方が主張する金額に差があると交渉期間が長引く可能性があります。
弁護士などの専門家に交渉依頼をする場合ではあまりありませんが、個人的に交渉をするとなると、貸金業者側が強気な体制で臨んでくる場合があります。
この和解交渉で双方の意見が合致した場合には、ステップ5・ステップ6は行わずステップ7の過バライ金返還になります。一方、意見が合致しなかった場合には、ステップ5の過バライ金返還請求訴訟に進みます。

5.過バライ金返還請求訴訟

電話等での和解交渉で、双方の主張が合致しなかった場合には、訴訟を起こして過バライ金を求めます。訴訟は、確実に過バライ金を取り戻すために必要ですが、その分戻されるまでに期間がかかることになります。
法律事務所に必要書類の作成や収集を依頼するのが確実で期間もスピーディーですが、個人的に行うとなると専門的知識が無いと期間が長引くことになります。

6.和解交渉(訴訟中)

一般的には、過バライ金返還請求訴訟と併行して和解交渉も行います。訴訟を起こすとそれなりに期間がかかってしまうため、できれば和解交渉で早い期間で解決できるよう努めていきます。

7.過バライ金の返還

過バライ金返還訴訟で勝訴した場合、または和解交渉が成立することで、貸金業者から過バライ金が返還されることになります。

③過バライ金返還までの期限は貸金業者ごとに異なる!?

過バライ金返還訴訟で勝訴、または和解交渉が成立して過バライ金が返還されることになって、すぐに過バライ金が戻ってくるわけではありません。手元に戻ってくるには、およそ2ヶ月~4ヶ月後くらいにかかります。
なぜ、これだけの期限が必要なのでしょうか?また、どうして数ヶ月の差があるのでしょうか?それは、各貸金業者によって過バライ金返還への対応が異なるため、返還までの期限に差が生じてしまうのです。
返還期限は、請求者が弁護士なのか個人なのか、それぞれの取引に分断または双方の主張に違いがある場合などで、期限の長短が変わってきます。また、過バライ金を請求する側が、満額返還を強く希望しなければ(ある程度妥協できれば)、期限も比較的早くなる傾向にあります。実際、過バライ金満額の約6割~8割でもOKであれば、短期限で返還される事例が多いです。
では、大手消費者金融へ過払い返還請求をした場合、短期限での返還を希望した場合と、満額に近い金額にこだわった場合とでは、過バライ金が返還されるまでにかかる期限はどのくらいなのでしょうか?

1.過バライ金返還までの期限にこだわった場合

・アコム

電話等による和解交渉で成立した場合では、およそ4ヶ月~5ヶ月が一般的な期限です。
アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融業者であり、資金関連では特に問題はありません。そのため、過バライ金返還率は、満額~満額の8割前後と高めです。

・プロミス

電話等による和解交渉で成立した場合では、およそ4ヶ月~6ヶ月が一般的な期限です。
プロミスは、三井住友銀行グループの消費者金融業者であり、資金関連では特に問題はありません。そのため、過バライ金返還率は、満額~満額の8割前後と高めです。

・レイク

電話等による和解交渉で成立した場合では、およそ4ヶ月~5ヶ月が一般的な期限です。
レイクは、新生銀行の消費者金融業者であり、資金関連では特に問題はありません。そのため、過バライ金返還率は、満額~満額の8割前後と高めです。

・CFJ合同会社

電話等による和解交渉で成立した場合では、およそ3ヶ月~4ヶ月が一般的な期限です。比較的迅速な対応をしてくれるので、期限も短めです。
CFJ合同会社は、旧ディックファイナンス・旧アイク・旧ユニマットライフなどが合併してできた消費者金融業者であり、バックに大手銀行がついていないため資金面で不安があります。そのため、過バライ金返還率も満額の8割前後~6割程度と、大手銀行グループの消費者金融業者よりも低めになっています。

・アイフル

電話等による和解交渉で成立した場合では、およそ6ヶ月~7ヶ月が一般的な期限です。
アイフルは、バックに大手銀行がついていないノンバンク系の消費者金融業者です。そのため、資金面において不安視されています。過バライ金返還率も満額の5割前後~4割程度と低めです。

2.過バライ金の金額にこだわった場合

・アコム

過バライ金返還請求訴訟を起こして勝訴することで、満額に近い金額を取り戻すことが可能となりますが、この場合では返還期限が長引く傾向にあります。
金額を重視した場合の期限は、およそ6ヶ月~8ヶ月が一般的です。大手銀行がバックについているので、比較的期限は短めです。

・プロミス

過バライ金返還請求訴訟を起こして勝訴することで、満額に近い金額を取り戻すことができますが、その分返還までの期限は長引く傾向にあります。
金額を重視した場合の期限は、およそ6ヶ月~8ヶ月が一般的です。大手銀行がバックについているので、比較的期限は短めです。

・レイク

過バライ金返還請求訴訟を起こすため、期限重視の交渉よりも返還期限が長くなります。しかし、焼死者金融の中では比較的期限は短いです。
金額を重視した場合の期限は、およそ6ヶ月~7ヶ月が一般的です。大手銀行がバックについているため、返還期限も短縮されています。

・CFJ合同会社

過バライ金返還請求訴訟を起こすため、期限重視の交渉よりも長くなるほか、様々な消費者金融が合併してできた会社であるため、資金面においても不安要素があります。また、合併する以前にお金を借りていた場合もあり、返還されるまでの期限も長くなります。
金額を重視した場合の期限は、およそ9ヶ月ですが、合併以前の利用では更に期限が長くなる可能性もあります。

・アイフル

過バライ金返還請求訴訟を起こすため、期限重視の交渉時より戻ってくるまでの期限が長くなります。また、アイフルはノンバンク系の消費者金融業者であるため、過バライ金返還に応じるまで時間が掛かる場合が考えられ、裁判も長引く可能性があります。そうなると、戻されるまでの期限も長くなってしまいます。
金額を重視した場合の期限は、およそ1年となっています。大手消費者金融業者の中では最も返還期限が長くなっています。

過払い返還請求を考えている人の中には、旧武富士(現・更生会社TFK)を利用していた人もいます。現在、旧武富士への請求は、請求手続きを行った順に振り込みがなされています。しかし、その期限は不明であり、返還率は満額の3.3%に留まっています。

シェアする

フォローする

街角法律相談所