過バライ金請求をすると住宅ローンのデメリット?金利に影響する?




過バライ金返還請求をしても住宅ローンの審査に影響することは原則としてありません。金利にも影響はしません。なぜなら、過バライ金返還請求は任意整理などとは違い、個人信用情報に記録が残らないからです。その事実を調べようがなく、金利に影響はありません。

街角法律相談所

過バライ金返還請求をした後でも住宅ローンが組める

過バライ金返還請求をすると、住宅ローンが組めなくなったり、低い金利で借りられなくなったりということが起こるという噂があります。しかし実際には、過バライ金返還請求をしただけでは住宅ローンの審査に影響はしませんし、金利が高くなるということもありません。金融機関によって住宅ローンの金利は異なるので、しっかりと比較をしておきましょう。

個人信用情報に傷が残らないの?

任意整理や自己破産をすると個人信用情報に大きな傷が残ります。いわゆるブラックリストにのっている状態になってしまいます。しかし、過バライ金返還請求は債務整理ではなく、ブラックリストにはのりません。そのため、過バライ金返還請求をした直後に住宅ローンを組むことも可能であり、金利にもいっさい影響はありません。
しかし、これには特定の条件を満たしている必要があります。それは、過バライ金返還請求をすることで借金を完済できるということです。例えば、過バライ金が100万円あり、借金の残高が70万円あるという場合なら、過バライ金返還請求をすることで借金を完済することができ、さらに30万円の過バライ金が戻ってくるでしょう。
もしも過バライ金が100万円で、借金の残高が150万円ならば、過バライ金返還請求をしても50万円の借金が残ってしまいます。残った50万円は任意整理などの債務整理をすることになるので、ブラックリストにのってしまいます。住宅ローンの審査にも大きな影響があるでしょう。ブラックリストにのっている状態では住宅ローンの審査には通らない可能性が高いです。消費者金融などでは借りられる可能性があるものの、銀行に比べて金利はかなり高くなってしまう傾向です。住宅ローンを低金利で借りたい人は、過バライ金返還請求をすることで借金を完済できるかどうかをしっかりと確認しておくべきです。

過バライ金返還請求をしても住宅ローンの審査や金利に影響しない?

過バライ金返還請求をしても基本的には住宅ローンの審査や金利に影響はありませんが、例外的に影響してしまうケースもあるということです。その判断基準について詳しく説明します。
過バライ金返還請求をするだけならば原則として個人信用情報に記録が残りません。記録が残らないので、金融機関はその事実について調べようがなく、住宅ローンの審査や金利にはいっさい影響しません。ただし、過バライ金返還請求をした先の消費者金融には記録が残っています。同じクレジットカード会社や消費者金融では住宅ローンはもちろん、カードローンなども組めない可能性が高くなります。
銀行に対して過バライ金返還請求をするということはありませんので、基本的にはこの心配はいらないでしょう。過バライ金返還請求をして住宅ローンの審査や金利に影響するかどうかの判断基準は、借金がゼロになるかどうかです。
過バライ金の金額とローンの残高を比較して、過バライ金のほうが大きいならば、借金はゼロになりますので、個人信用情報に記録は残りません。ローンの残高のほうが大きい場合には、借金が残ってしまうので、任意整理などの債務整理をすることになり、ブラックリストにのってしまいます。住宅ローンを借りる予定で、できるだけ低い金利で借りたいという人は、過バライ金のほうが大きくなったタイミングで過バライ金返還請求をするとよいでしょう。

住宅ローンの審査で重要になる信用情報とは?

住宅ローンの審査で重要になる項目の1つに、信用情報があげられます。信用情報とは、過去にクレジットカードなどの返済で延滞をしていないかどうかということが記録された情報です。住宅ローンでは優遇金利などが適用されるということも重要なので、信用情報には傷が1つもない状態が理想です。

過去にトラブルを起こしていないということが重要

ブラックリストにのっている人は住宅ローンの審査には通らない可能性のほうが高いでしょう。しかし、ブラックリストにのっていなくても住宅ローンの審査に落ちてしまう人はたくさんいます。過去のクレジットカードの支払い、カードローンの支払い、携帯料金の支払いなどで1回でも延滞をした記録があると、不利になってしまいます。
たった1回の延滞記録があるだけならば審査には通るかもしれませんが、金利には影響してしまう可能性があります。住宅ローンでは優遇金利が適用されると最大で2.0%程度金利が低くなることがあります。属性が良い人に対しては優遇された金利で融資をするという銀行は多いです。低い金利で借りるためには、たった1回でも延滞をしていないことが理想です。
過バライ金返還請求についても、その記録が残っていると金利の審査に影響する可能性が高いです。過去にトラブルを起こしていないということが重要になりますが、過バライ金返還請求についてもトラブルとみなす銀行があるようです。
過バライ金返還請求をすることでブラックリストにはのらないということはこれまでの説明からわかってもらえたことでしょう。しかし、ブラックリストにのらなくても、なんらかのネガティブな情報が残ってしまっていたら、住宅ローンの審査や金利に影響してしまう可能性があります。
過バライ金を取り戻す権利を行使するということは、なんらネガティブな情報ではないはずです。しかし、金融機関は過バライ金返還請求をネガティブな情報としてみなしてしまう傾向があるというのも事実です。

過バライ金返還請求をしても信用情報にいっさい記録は残らない?

平成22年までは、過バライ金返還請求をすると「コード71」という記録が個人信用情報に残ってしまっていました。「コード71」はブラックリストではありませんが、過バライ金返還請求をしたという記録になるので、住宅ローンの審査や金利に影響してしまうことがありました。そこで、平成22年の1月に金融庁の通達で「コード71」についても削除されることになりました。
そのため、現在では過バライ金返還請求をしても個人信用情報にいっさい記録が残ることはなくなっています。住宅ローンの審査では、銀行は個人信用情報を調べて、申込者の過去のクレジットカードやローンなどの利用実績をチェックします。逆に言えば、個人信用情報になにも記録が残っていなければ、融資の可否や金利の審査には影響しないということです。
過バライ金返還請求をしても融資の可否には影響しませんし、優遇金利が受けられなくなるということもないので、安心してください。ただし、過バライ金返還請求をした後に任意整理などの債務整理をした場合には、住宅ローン審査や金利に影響してしまいます。弁護士に過バライ金返還請求を依頼した場合にはあらかじめデメリットについても教えてくれるので、安心できます。個人で過バライ金返還請求をする場合には、将来の住宅ローン審査や金利に影響しないかどうか、しっかりと考えておきましょう。

信用情報に傷がついてしまうケース!過バライ金返還請求の注意点

過バライ金返還請求をしても基本的には信用情報に傷がつきませんが、任意整理などをした場合には影響してしまいます。住宅ローンの審査や金利に影響をしないかどうか、しっかりと調べておきましょう。過バライ金返還請求を専門家に依頼するのが一番確実です。

クレジットカードのキャッシング枠は要注意

クレジットカードのキャッシング枠について過バライ金返還請求をする場合には要注意です。クレジットカードのキャッシング枠についてもグレーゾーン金利で支払いをしていた場合には過バライ金返還請求をすることは可能です。グレーゾーン金利というのは、20%超29.2%以下の利息制限法の上限を超えており、かつ出資法の上限金利には違反していない金利のことを指します。クレジットカードのキャッシング枠でもグレーゾーン金利がとられていることはありました。
クレジットカードのキャッシング枠について過バライ金返還請求をするとき、計算がやや複雑になります。過バライ金返還請求をするとカードそのものが解約されるので、ショッピング枠についても債務として計算されるようになります。過バライ金が100万円、キャッシング枠の利用残高が70万円ならば、借金は完済できるかのように見えます。しかし、ショッピング枠の利用が50万円あった場合には、そのクレジットカード会社に対して20万円の債務が残ってしまうので、任意整理などの債務整理をしなければならなくなります。
クレジットカードのキャッシング枠について過バライ金返還請求をするときには、ショッピング枠の利用残高はゼロにしておくことが理想です。専門家に依頼をすれば、正確な金利計算をしてくれるので、おすすめです。

グループ会社にも注意

グループ会社だからといって、基本的には社内記録などは共有されていません。グループ会社で利用客の個人情報などが共有されているのだとしたら、不安を感じる人も多いでしょう。実際には、グループ会社とはいっても別々の会社となるので、情報は共有されていないと考えて良いです。
しかし、100%絶対に安心というわけでもないので、将来住宅ローンを組む予定がある銀行のグループ会社のクレジットカード、消費者金融などについて過バライ金返還請求をするときは注意をしておくとよいという意見があります。しかし、住宅ローンは信頼のある銀行の商品であり、クレジットカード会社などから銀行へ顧客情報が流されるという心配はほとんどないと思われます。
例外的に、吸収合併された会社については注意が必要です。DCキャッシュワンはアコムに吸収合併されましたので、DCキャッシュワンについて過バライ金請求をする場合には、アコムに過バライ金請求をするのと同じようなことになります。ポケットバンクとプロミスの関係なども同じです。
DCキャッシュワンの過バライ金について50万円を請求したら、アコムからの借金80万円と相殺されてしまって、ブラックリストにのってしまったというケースもあるようです。このようなケースでは過バライ金返還請求が住宅ローンの審査や金利に影響してしまうので、慎重に行いましょう。

住宅ローン審査に落ちてしまう理由は過バライ金だけではない!

過バライ金返還請求をしてもブラックリストにはのらず、住宅ローンの審査や金利には影響しないことがわかりました。しかし、住宅ローンの審査や金利に影響するのは過バライ金だけではありません。そのほかにもさまざまな属性が見られています。

住宅ローンの審査で重要になる属性とは?

過バライ金返還請求を過去にしている人が住宅ローンの審査に落ちたり、予想していた金利で借りられなかったら、過バライ金返還請求が原因であると考えるかもしれません。しかし、過バライ金返還請求をしていても、任意整理などの債務整理をしていないのならば、住宅ローンの審査には影響しません。
その場合には、過バライ金返還請求以外のことが住宅ローンの審査や金利に影響していると考えましょう。住宅ローンの審査では、
・年収
・勤務先・勤続年数
・雇用形態
・返済負担率
・年齢
などのさまざまな項目が関わってきます。配偶者を連帯保証人や連帯債務者にするのかどうかといったポイントも重要です。住宅ローンの審査に通るかどうか、どれくらいの金利で借りられるのかどうかという判断は、インターネットなどで調べることである程度は推測ができます。しかし、最終的な判断は銀行が下すので、その結果はだれにもわかりません。
住宅ローンの金利審査は複数の銀行で同時に受けることも可能です。複数の銀行で金利審査を受けてみて、どこの銀行でも断られるという場合には、致命的な原因が発生してしまっているという可能性が高いでしょう。自分で個人信用情報の開示請求をしてみて、信用情報になにか悪い記録が残っていないかどうかを調べてみましょう。

住宅ローンを有利な金利で借りるための過バライ金返還請求

住宅ローンを有利な金利で借りたいのであれば、過バライ金返還請求は慎重に行いましょう。住宅ローンを借りるのが7年以上も先であるならば、ブラックリストにのってしまうというデメリットはそれほど大きくはならない可能性もあります。むしろ、借金を整理してしまえて、生活を立て直すことができることで、将来の住宅ローンの金利も有利になるかもしれません。
住宅ローンを借りるのが5年以内であるなら、過バライ金返還請求をしてブラックリストにのるという自体は絶対に避けましょう。過バライ金返還請求をしてブラックリストにのってしまったら、高い確率で住宅ローンの審査に落ちます。優遇金利が適用されないどころか、住宅ローンそのものが利用できなくなる可能性も高いです。
しかし、住宅ローンを借りるためには頭金などの準備金も必要です。準備金をたくさん用意するために、早い段階で過バライ金返還請求をして生活を楽にしておくということも重要になるでしょう。
住宅ローンの金利のために過バライ金返還請求をするのかどうかという判断は、個人では難しいケースもあります。過バライ金請求や住宅ローン金利について詳しい弁護士に相談をしてみるということがおすすめです。弁護士にも得意・不得意があるので、過バライ金返還請求や住宅ローン金利の問題に強い弁護士を選ぶことがおすすめです。

過バライ金請求は住宅ローンに影響しない

過バライ金返還請求をしても住宅ローンの審査や金利には基本的には影響しません。しかし、例外的に影響をしてしまうケースもあるので、しっかりと調べた上で過バライ金返還請求をしましょう。過バライ金が戻ってくるというメリットは大きいですが、住宅ローンの金利に影響してしまったらトータルではデメリットのほうが大きいという結果になってしまう可能性もあります。また、しっかりと100%の過バライ金を取り戻すということも重要です。過バライ金を取り戻すことで、住宅ローンの頭金を増やすことにもつながるでしょう。

街角法律相談所

シェアする

フォローする