簡単シミュレーションで過バライ金や利息の計算ができる




消費者金融からお金が必要となった場合借りることはできたとしても、毎月の返済額が気になります。
最近では利息の計算や過バライ金などの認知度も上がっており、過バライ金シミュレーションの内容も複雑化してきています。

街角法律相談所

過バライ金はどんな人が見直しが必要になるのか

お金を借りている人の中には、過バライ金のシミュレーションが必要な人もいます。たとえば、借入期間が長かったり、借りたお金が大きかったりする場合は、過バライ金が発生しやすくなっていますので計算が必要です。
シミュレーションの計算結果では過バライ金が出てくることもあります。

過バライ金額の見直す方法

一番簡単なのはシミュレーターを使うことです。
あらかじめ計算方法が設定されているので、シミュレーションに入力するだけで過バライ金が発生するかどうかを相談することができます。
最近では過バライ金のシミュレーションがたくさんあり、計算を行うことができます。
過バライ金のコマーシャルも多いですが、過バライ金の計算シミュレーションサイトも数を増やしています。
計算シミュレーション一つでは満足できない人はいくつもの計算シミュレーションを行い、過バライ金の請求ができないか確認しています。
シミュレーションを使えば誤計算をせずに済み、目に見える形になりますので、時間の短縮になります。
後に紹介しますが、実際に計算方法を熟知して計算を行うとなかなか複雑で時間がかかりますが、シミュレーションを使うことで時間の短縮にもなります。
各サイトのシミュレーションを使うと数分で結果が出ますし、シミュレーションによって計算方法や利息が異なることもあり、少ないシミュレーションでは過バライ金の有無や過バライ金の金額を知ることはできません。
シミュレーションが数多くあるのはそのためです。
シミュレーションをたくさん行えばその分精度は良くなります。シミュレーションによって過バライ金や利息なども計算でき、過バライ金請求できるかどうかの指針にもなります。

街角法律相談所

借りるときは特に大切な利息

シミュレーションでは利息も大切な要素となります。
その人の審査の結果によって利息は決められます。実際シミュレーションをすると大きな差となります。利息はその人の収入によっても変わりますし、勤務先によっても利息に変化を与えます。一般的には返済額に目を止めがちですが、利息もお金を借りる上では大切な要素となります。利息が低いのは銀行が低く、消費者金融は利息が高くなる傾向があります。利息はとても重要です。計算でも利息によってシミュレーションの計算結果が変わってきます。自分がいくらの利息で契約することになるのか利息の項目は注意が必要です。利息は変動していきます。借りる金額よっても利息は違いますし、契約期間によっても利息は違います。利息は金融機関の収入に直結しますので利息の項目を確認することは自分の為にも必要です。同じ消費者金融でも安い利息のところはないか探してみると良いでしょう。中小の金融機関では低い利息でお金を貸してくれるところや、プランによって利息を抑えているところもありますので、シミュレーションで利息や返済額の計画を立てると良いでしょう。利息から借入額を決めても良いでしょう。利息は一度契約すると利息はこまめには変わりませんので、利息によってどうなるのかシミュレーションしましょう。

誰でもわかりやすい過バライ金の計算方法

ここでは、まずの過バライ金の有無の確認の仕方を見てみましょう。
すごくアナログなやり方なのですが、おおまかな過バライ金の計算方式になっていますので、基礎を抑えることで今後の過バライ金返還請求につながる一歩になるはずです。

取引履歴を一つ一つ見ていく

まずは紙とペンを用意しましょう。
いよいよ過バライ金があるのかどうかを見ていきます。
取引履歴を一番最初に取引を開始した時から始めて、履歴を時系列に並べます。
まずは元金を確認しましょう。紙の一番上の端に元金を書いておきます。続いて利息を決めます。
法定利息は原則として、借入残高が10万円未満の場合利息20%、借入残高が10万円以上利息100万円未満は18%。借入残高が100万円以上の場合は利息15%となります。毎月の返済額に利息を小数点にして積算していきます。そうすることで元金に対する返済額が出てきます。すべての取引履歴から毎月の返済額を書き出していき、それぞれ利息を積算させて出た答えを紙の中央に書き出していきます。
ここで分かる通り、ほとんどの人は100万円以下の契約を結ぶために、利息は最大で18%にもなります。さらに、10万円未満の場合20%にもなるわけですから、借りるときには大きいお金を一気に契約してしまい、一気に借りて返した方が利息は低くなります。ですから、実際10万円が必要だとして、まずは101万円借りて90万円をその月に返してしまえば、返済する際の利息は低い方に維持される、とされていますので完済するまで15%で済みます。
ここまでの計算は大丈夫でしょうか。

元金から実際の返済額を引いていく

今、紙の右側は空白の状態になっていると思います。次に元金から毎月の返済額のうち、利息を引いた返済額を引いていきます。元金の返済に実際に充てられる金額は紙の中央に書き出された金額となります。
上から書き出した順に元金から返済額を引いていきます。これを最後まで行き、計算結果がマイナスにならなければ、過バライ金はない、ということになります。
逆に、計算結果がマイナスになるようなことがあれば過バライ金があるということになります。
おおまかな過バライ金の計算方式はこれに近いものとなっており、大半のシミュレーションも似たような結果になることがあります。しかし、途中で法定利息が法律などで改正された場合などは、それに適用しているかしていないかを確かめる方法は私たちにはありませんので、一つだけのシミュレーションではなく。複数のシミュレーションを行う必要があります。
ここで、過バライ金がある、ということになれば次のステップに進みます。いよいよ過バライ金返還請求を行います。
過バライ金返還請求に関しては、場合によっては裁判にて話し合う必要も出てくるため、念のためにできれば弁護士に相談すると良いでしょう。最近話題の過バライ金返還請求についての多くのテレビコマーシャルは裁判の時に代理をすることのできない行政書士のところが多いため、注意が必要です。

もし自分で過バライ金の計算ができない場合は

先ほどアナログで過バライ金を計算する計算方法を行いましたが、それらの計算方法が具体的にわからない場合や理解しにくい場合はどうしたらよいのでしょうか。その時はインターネット上のシミュレーションを使いましょう。シミュレーションは便利です。

インターネット上にあるシミュレーション

インターネット上にはたくさんの過バライ金計算のサイトがあります。サイトによって利息や計算方法、計算結果が異なりますので、必ず過バライ金の計算は複数のサイトのシミュレーションを使って計算するようにしましょう。金融機関については金融庁から利息についての周知等もある為、サイトによっては新しい利息の算出や計算方法に適用していない場合もありますので、最新の情報に精通したシミュレーションを使いたいものです。
計算方法や利息については毎度すぐに変更が加えられるものではありませんが、社会情勢や金融情勢を鑑みて政府が金融庁主導で行うものですので、それに沿ったシミュレーションで生産を行うべきです。利息や過バライ金の計算方法についてはお金を今借りている人にとっては重要な要素となりますので、こまめな確認が必要です。
シミュレーションでは様々なサイトがそれぞれの計算方法によって算出する計算結果がありますので、複数のサイトでシミュレーションを行いましょう。過バライ金はあるのかないのか過バライ金の意味さえも抑えていないと、大切な財産を失うことにもなります。シミュレーションの計算方法まではわからないとしてシミュレーションはこまめに使えるようになっておきましょう。シミュレーションの計算結果を控えておくと良いかもしれません。

シミュレーション以外の方法

シミュレーションを使わない計算方法としては、専門家が作ったエクセルファイルなどをダウンロードして計算を行う計算方法があります。この計算方法では、エクセル内に専門家があらかじめ計算方法を入力していますので、使う人は決められた項目に該当する金額を入力するだけで過バライ金の有無について簡単に計算することができます。過バライ金については計算すれば出てきますので、取引履歴さえきちんとあれば計算することができます。この計算ツールを使えば複雑な計算方法をしなくても過バライ金を計算することができますので、過バライ金があるのかわからないと思う人にとって有益です。過バライ金は計算しなければ誰も教えてくれませんので必ず計算しましょう。過バライ金があると分かっても過バライ金は請求できる期間が決まっています。過バライ金は自分で計算して過バライ金の有無を確認し、金融機関に過バライ金の請求を行わないと帰ってきません。過バライ金については複雑な計算方法なので、わからない人は専門家に頼んだ方が安全です。過バライ金があった場合にはそのまま過バライ金返還請求の手続きをお願いすれば、適切であれば過払い返還請求を行い、過バライ金を取り戻すことができます。過バライ金は財産であって返済額ではありません。過バライ金があるのかないのか様々な計算方法で確認しましょう。

過バライ金返還請求をするための流れ

過バライ金があるとなったとき、いよいよ過バライ金返還請求と思いきや、まだやるべきことがあります。
それはまず、誰かに相談することです。
誰に相談すればよいのでしょうか。実際の計算と自分が行った計算が合ってるのかをシミュレーションで確認する必要もあります。

過バライ金があるかもしれないと思ったら

過バライ金があるかもしれないと思ったら、やるべきことが二つあります。
まず一つ目は、専門家によってシミュレーションしてもらい、シミュレーション結果から、自分のシミュレーションが正しいか判断してもらうことです。
インターネットや弁護士事務所では、その場所やロボットによってシミュレーションが異なり、計算方法も別々の場合があります。先ほどの計算方法でも別の計算方法があり、その人によって計算方法や計算結果が変わることもあります。専門家であれば過バライ金の計算については複雑な計算も計算方法も持っていますので、必ず専門家を訪ねるようにしましょう。
法テラスでは無料で弁護士に相談することができますので、自分の計算方法や利息のシミュレーションが合っているか確認しましょう。計算方法によっては違う計算結果も出てきますので、計算方法は得に重要です。一緒にシミュレーションしてみましょう。計算次第では過バライ金の有無や金額に変わってきますので、計算については妥協せず専門家に計算するよう頼んでみましょう。計算の仕方によっては過バライ金や利息が異なることもあり、過バライ金は無くても利息が下がることもあります。利息が下がればまた計算方法や計算結果も変わってきますので、過バライ金ができやすくなります。何でもこまめに確認して計算していくと計算結果が様々あっても落ち着くところに答えができます。

過バライ金返還請求をする際のデメリット

過バライ金返還請求をするとどのようなデメリットがあるのでしょうか。
過バライ金返還請求を行うと、金融機関からの借り入れが難しくなります。ブラックリストまでは言いませんが、借りられたとしても利息が高くなったり、契約ができなくなったりします。最悪の場合、今のクレジットカードが使えなくなったり、クレジットカードの利息が高くなったりします。
最近では個人の情報は一か所に機関に集約されており、お金を借りたり、何かの契約の時には審査が行われ、その期間の情報も見られます。その場合、クレジットカードが持てなくなったり、何かの契約ができなくなったりすることができます。これは最長で7年間情報が残ってしまいますので、一度過バライ金返還請求をしたり、何かの支払いを滞らせたりすることの無いように注意しましょう。さらに過バライ金返還請求できるのは一社につき一回までなので、確実にシミュレーションを行い、確実な計算方法で計算結果を出さなくてはなりません。過バライ金返還請求はミスの許されない法的手続きなのです。一般的にコマーシャルに出しているところは行政書士が多いですが、行政書士は裁判資料を作るだけで、相手の金融機関とのやり取りは一切行いません。それができるのは弁護士だけです。ミスができませんので慎重に専門家を選びましょう。

過バライ金の計算について見てきましたがいかがでしょうか。シミュレーションは借りるときにもシミュレーション。返すときにもシミュレーション。過バライ金の時にもシミュレーションを使うことで、正確に過バライ金を出すことができます。過バライ金の見落としに注意しましょう。複数のインターネットサイトと専門家を駆使していきましょう。

街角法律相談所

シェアする

フォローする