過バライ金計算方法!ソフトを使って計算する方法




「過バライ金の計算は自分でできないのだろうか?」
などとお考えの方も多いのではないでしょうか?

過バライ金の計算は複雑で、計算方法もいくつかあるので簡単にはできないものです。
ですが依頼前に、ある程度どれくらいの過バライ金が発生するのか知っておけば大手法律事務所のように極端に低い過バライ金を提示されても見抜くことができます。

過バライ金で損しないためにきちっと知識として覚えておくのはプラスでしょう。
ここではいくつかの計算方法や計算ソフトを使った計算について解析していきます。
ぜひ参考にしてみてください!

自分で過バライ金を計算する簡単な方法

ここでは、自動で計算できるツールを使う前に、自分で計算する計算方法について見てみましょう。

計算方法は、利息が実際に合っているかどうかです。
利息を払いすぎていないかどうかを計算することで、過バライ金が発生しているかどうか確認することができます。
自分で計算する簡単な方法は、利息に対していくら払っているかを確認します。

たとえば貸金業者で、10万円借りた場合。
利息制限法では借入元金が10万円以上100万円未満の借入に関しては、金利の上限を18%と決めています。
ですから法定内の金利18%であれば、11万8千円を支払えばいいはずです。
ところが25%の、グレーゾーン金利で10万円借りた場合。
1年後には2万5千円が利息として付き、借金総額は12万5千円です。

実際に12万5千円払ったとすれば、法定金利よりも7千円余分に払ったことになるので、払いすぎた分の利息は、過バライ金が発生しています。
借入元金が100万円以上の場合は、法定金利が15%と定められています。

これを踏まえて上で、取引履歴を取得して月々の返済額の請求を照らし合わせて計算することが重要です。

2008年以降はどこの貸金業者でも法定金利を守っています。
なのでこれ以降に、新規契約をして借り入れをした方は、過バライ金は発生しません。

もしここ数年で、新規に借り入れをして返済でお悩みの方は債務整理を行ってくれる法律事務所に相談するとよいでしょう。

街角法律相談所

2008年以降であっても、それ以前から長年契約を続けている人は、金利を下げれられることなくそのまま返済している可能性もあります。
とくにアコムやプロミス、レイクなどの消費者金融は2008年以前からの借入は金利を据え置きにしているケースがほとんどです。

なので2008年以前から借り入れをしている方は、過バライ金が発生している可能性が高いのできちんと計算をするか専門家にいらいする必要があります。

簡単に過バライ金を計算する方法とは

世の中には自動で簡単に過バライ金の計算ができるツールがたくさんあります。
書店でも過バライ金について扱っているものもありますが、近年ではやはりインターネットの情報量に勝るものはありません。
テレビCMもありますが、ネットで簡単に過バライ金の計算ができます。

自動で計算してくれる過バライ金計算ツール

自分で算出すると間違えたり、してしまうこともあるでしょう。
ネットの過バライ金計算ソフトは自分で項目に入力するだけで簡単に過バライ金の計算を行うことができます。
何よりも専門家とほぼ同じ計算方法で、自分で簡単に過バライ金を計算することができ、計算結果も精度の高いものがすぐに手に入ることは魅力的でしょう。

このような計算ツールはインターネット上に多数あります。
自分では不安に思うことも、自動で出してくれて、なおかつ精度の高い計算結果が出るのであれば、自分一人でも安心して行うことができます。

無料シミュレーターを使ってる見る

自動で楽に過バライ金計算ができる

自分では計算のミスに気付かないこともありますが、自分で入力して自動で結果が出ますので安心です。お金のことなので、誰かに相談することが不安なこともありますが、自分一人で自動でツールがあれば、自分でどこでも自動で計算してくれるので時間や場所を制限されることがありません。不安になればいつでも自分で自動で入力するだけです。それでも不安な場合は、自分で専門家のところに出向き相談することができます。ほとんどは自分本人ではないと相談に応じてくれないところもありますから、必然的に自分一人になってしまいますが、自動計算の結果をもとに相談に行けば、少しは気が楽になるでしょう、自分一人では不安に思うことも、自動計算を活用することで、自分の気持ちも落ちつけられますし、自分の周りの人を守ることもできます。もし自分だけで不安に思うことがあれば、電話窓口も設置されていますから、その時は電話口で自分の本心や考えていること、過バライ金について相談することができます。自分でやることは多いですが、相談すると自分でやることは少なくなり、自動的に過バライ金について、楽な気持ちで臨むことができます、自分だけではどうしようもできないことも、周りの力を借りて乗り越えることができます。ぜひサービスを活用しましょう。

過バライ金があったときはどうしたらよいか

では実際に過バライ金があった場合、どうすれば良いのでしょうか。
まずは自分で専門家のところに行きます。法テラス制度を使うと無料で弁護士に相談することができます。自分で自動計算ツールを使って過バライ金を調べたかもしれませんが、ここでも再度自分の計算があっているのかも含めて計算してもらいましょう。

今回は、「過バライ金を請求することによるデメリットはあるのか?」 こんな疑問について解説していきましょう。 CMやラジオなどのメ...

自分で自信を持って相談する

せっかく自分で過バライ金自動計算ツールを使って計算したとしても、間違っていることもありますし、自分が間違っていて、過バライ金自動計算ツールも間違っていて、弁護士が合っているという場合もあります。
自分や過バライ金自動計算ツールだと、計算方法や計算結果に誤差がありますが、専門家だとそのハードルを越えてくれますので、自分で過バライ金自動計算ツールを使ってだめでも、あきらめることなく相談しましょう。
自分で相談する相手によって結果も変わってきますので、自分であきらめることなく過バライ金計算をしたり、専門家を変えたりして相談してみましょう。
実際に過バライ金がある、ということになればいよいよ過バライ金返還請求をする、という運びになります。過バライ金返還請求は原則として自分で行うものですが、弁護士には法定代理人の権限がありますので、裁判になる場合には弁護士に依頼した方が無難でしょう。自分でできるところには限界がありますし時間がかかりますので、自分でできるところはやるまでも自分ではどうしようもないところは専門家を頼りましょう。近年話題の司法書士は、裁判に必要な書類は自分に合わせて作ってくれますが、自分の代わりに裁判はしてくれず、最後は自分でやることになるので、自分が楽をするには弁護士に依頼した方が良いです。

自分で自動を作り出す方法

過バライ金計算から請求までは、自分にとって負荷のかかる問題です。自分の負担をなくすために自動過バライ金計算ツールがサイトに用意されていますので是非とも使うようにしましょう。
自分で入力して後は自動で結果が出てきますのでとても簡単です。面倒な問題ほど自分に負荷をかけずにやり過ごしたいものです。そのために自動過バライ金計算ツールがあります。自分のために時間や労力を削りましょう。自分の明るい未来の為にやれることはあります。過バライ金に関しては、自分でできるところと自動で流れるところとフローの流れを決めておくと、さらに自分の負担をなくせます。まずは自分で支払いの履歴を集めること。次に自分で計算すること。自分で自動過バライ金計算ツールを使うこと。自分で専門家に相談すること。結果として過バライ金があったとするとあとは自動的に事が進みます。自動的に弁護士が裁判を起こしてくれて自分は弁護士のいうことを聞けばいいです。こうしておくと自分の時間や体力を守ることができます。自分を大切にしましょう。いままで借金の返済を一生懸命してきた自分が、過バライ金で払いすぎてるわけですから、払いすぎた分自分を楽させましょう。過バライ金返還請求についても自分でやるところ、自動的に事が進むこと半々です。

返済金額の過バライ金計算方法のまとめ

計算方法については、いままで返済してきたお金に18%を積算して出した金額と、借金の残債の金額がどちらが大きいかです。残債の方が大きい場合は合っていて、返済総額に18%を積算したものが大きい場合、過バライ金発生していることになります。
自分でもやってみましょう。自分でも自動過バライ金計算ツールを活用してみましょう。一つではなく複数のツールを使って計算をしましょう。各サイト計算方法が違う場合もありますし、専門家によって計算方法が違うことがあります。それぞれ計算方法が異なることがありますので、それぞれの計算方法に照らし合わせて過バライ金があるかどうか確認してみましょう。

過バライ金があった場合

自分で計算した時、自動で計算した時、過バライ金が無かったとしてもあきらめないでください。
最後は専門家の目で確認しましょう。結果として過バライ金があった場合、弁護士に依頼することができます。自分は弁護士に指示に従い、自分のやるべきことを行いましょう。ここまでくればあとは自動的に事が運びます。自動的に裁判が始まり、自動的に訴訟問題となり、問題が無ければ自動的に過バライ金の扱いについて決定されます。
自分で何をしないといけないのか、自動的に何が行われていくのか、あくまで自分のことなので事の運びを注視しましょう。自分で行動を起こさないと、自動的には問題は解決しません。自分の分を果たすと同時に、自動的に事が運ぶように努力しなければなりません。法テラス制度はとても便利で、同じ問題について弁護士に三回まで相談することができます。もし自分の納得のいく答えが見つかったなら弁護士を紹介してもらうことができます。その弁護士との最初の面談は無料です。そこで依頼するかしないかを自分で決めることになります。自分で弁護士に依頼したら後は自動的に事が進んでいくだけです。物事の流れを理解すればとても簡単ですが、そこまで行くのにはなかなか自分一人では勇気のいる問題かもしれません。時には別の相談窓口で簡単に相談してからでも良いかもしれません。

自分でやることと自動的にやること

インターネットでは、自動で簡単に過バライ金を計算するツールがたくさんあります。
過バライ金があるということは本来あってはならないことですが、最近では簡単に見つけることができます。簡単な入力フォームに自分で入力するだけです。自分では複雑な計算も簡単に過バライ金を見つけることができます。簡単だからこそ自分でできます。限りある財産ですので過バライ金の計算も自分で勇気を出して前に進みましょう。過バライ金については近年多くの人がかかわっている問題なので、すぐに弁護士ではなくても、行政サービスでも過バライ金についての相談を受けているところがあります。ネットで過バライ金、市町村名、相談、と入力して検索すると情報が出てくるでしょう。
過バライ金は本来あってはならないものですので、過バライ金の可能性がある場合には、ツールなどを使って計算してみたり、専門家のところを訪れるのも良いでしょう。
過バライ金についてのサイトもありますので、過バライ金の計算方法についても調べると、また違った別の角度から過バライ金を見つけることができるかもしれません。あきらめないことです。計算した結果過バライ金が無いことが一番です。ただ、一度過バライ金返還請求をすると、お金を借りにくくなったり、クレジットカードが使えなくなったりしますので注意が必要です。

ここでは、過バライ金の計算方法と、過バライ金があったときの対処法についてまとめてみました。
ネットでは簡単に過バライ金の計算を行うことができます。自分で行うことも大切ですが、周りにある便利なサービスや人を活用して、楽しい毎日を過ごすために使っていきましょう。

街角法律相談所

シェアする

フォローする